So-net無料ブログ作成
検索選択

旧客を追いかけて [鉄道]

2017年4月8日
この日は浦和から日光まで「春のとちぎレトロ日光号」という高崎の旧客を利用した臨時列車が走りました。そして日光に到着した後は、回送列車として日光から仙台まで回送し、翌週のレトロ花めぐり号に充当するという運用が組まれていました。残念ながら天気は良くなかったのですが、今回はソネブロ仲間のあおたけさんをお誘いして、一緒に撮影してきました。都内から始発電車を乗り継いでいらっしゃるあおたけさんをピックアップ。まずはDD51 888が牽引して早朝の高崎線を上る回送列車を撮影しました。
DSCF1317.jpg

横にある公園の桜はちょうど見頃に咲いているのですが、以前道路にまでせり出していた桜の枝は、数年前に伐採されてしまい、桜と一緒に撮影出来なくなってしまいました。
続いては上尾始発で運転されるEL&SLみなかみ号の送り込み回送を撮影します。せっかくなので、桜と一緒に撮影出来るポイントへ行ってみましたが、先客がおらずベストな場所で撮影出来ました。
DSCF1352.jpg
DSCF1358.jpg
ヘッドマークがなかったのは残念ですが、桜バックに青い電機と青い客車を撮影する事が出来ました。

上尾からの折り返しを撮影したいところですが、今回の本命「春のとちぎレトロ日光号」に間に合わなくなってしまうので、ヒガハスへ向かいます。天気が悪い分、逆光側となる桜並木側から撮影出来るので、久しぶりに桜を入れたアングルで、EF64 1001と旧客を撮影しました。
DSCF1399.jpg
PPで後ろにぶら下がるDD51 888側も撮影。
P2640337.jpg
ところで我々が撮影した場所は通行人やクルマに被らず、撮影する事が出来ましたが、もう少し後で撮っていた方はクルマと被ってしまい撃沈だったそうです。

さてここからは一気に高速を使って日光線へ向かいます。日光線内では日光連山を入れて撮影出来る今市-日光間が有名な撮影ポイント。この日は曇り空で日光の山並みは見えませんが、こちらで撮影しました。さすがに有名なポイントはぎっしりと同業者で埋まっていたので、日光寄りのポイントで撮影しました。
DSCF1421.jpg
P4080810.jpg

今度は仙台へ向かう回送列車を撮影します。同じ場所ではつまらないので、ロケハンして場所を探しました。日光らしい杉並木をバックに撮影出来る場所を今市-下野大沢で見つけました。
DSCF1431.jpg
P2640339.jpg

再びクルマを走らせます。列車は宇都宮から東北本線へ入るのですが、今市から矢板へは道路だとショートカットルートで抜けられます。なので難なく矢板-野崎間で先回りしました。EF64 1001側は4Kビデオの切り出しで撮影しました。
P2640340.jpg
DD51側はカメラで後追い撮影。
DSCF1447.jpg

送り込み回送は黒磯駅でED75 758へカマ交換のため1時間ほど停車します。この時間を利用して高久駅へ行ってみました。さすがに駅横の撮影地は同業者でびっしりでしたが、脚立対応で撮影…したのですが、なんと長さを見誤り大失敗。仕方なくここは4Kビデオ切り出し画像しかありません。
P2640333.jpg

これで終了とするのは悔しいので、白河停車を利用して、白河-久田野間までもう一度追っかけました。
DSCF1457.jpg
ここでは失敗せずに撮影出来ました。

これにて撮影終了。まだ早い時間だったので、ほぼ下道で帰ってきましたが、途中の那須烏山市にある葬儀場の一角に鉄道車両が置かれているのを発見。那珂川清流鉄道保存会という団体の保存場所でしたが、残念ながらこの日の公開時間は終了。葬儀場の方が駐車場からなら撮影してもいいですよ、との事だったので千葉都市モノレールやナローの車両を撮影しました。

普段は徒歩鉄のあおたけさんをバリバリ追っかけな鉄活動につきあわせてしまいましたが、道中いろいろお話が出来て、楽しい一日となりました。
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 2

あおたけ

旧客追っかけに加えて、P1みなかみや桜鉄など、
生憎のお天気ながらも充実したバリ鉄の一日、
あらためて当日はおつかれさまでした。
ずっと運転していただきありがとうございます(^^)
同行していても、それぞれに目線が違うのは面白いですね。
ふだんからカマものを多く撮られているtwingo583さんの
安定したフレーミングはとても参考になります。

またぜひ、鉄に、飲みに、行きましょう(^^)/
by あおたけ (2017-05-12 09:04) 

twingo583

>あおたけさん
遅ればせながらその節はありがとうございました。こちらこそ、追っかけド鉄な撮影に付き合わせてしまい、申し訳ありませんでした。それでも朝からずっとご一緒出来て、本当に楽しかったです。またぜひご一緒させて下さいませ。
by twingo583 (2017-05-30 22:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。