So-net無料ブログ作成

カシオペアクルーズと東北本線旧客撮影 [鉄道]

2016年6月4日
いよいよ再開したカシオペアの運行。月初の週末はカシオペアクルーズとして上越・信越・羽越経由で北海道を目指すルート。試運転は撮影出来ませんでしたが、本運転初回はぜひ撮影したかったので、お仲間の皆さんと一緒に上越線を目指しました。
DSCF9490.jpg

以前のカシオペアクルーズでは重連区間でも追っかけ2発撮影をしていましたが、復活運転初日という事もあり、追っかけせず最初から岩原カーブで撮影する事にしました。通過3時間30分前に現着でしたが、すでにベストポジションには三脚が多数置かれていました。それでもほぼベストな場所を確保。
しかし上越線のこの区間は列車本数が極端に少なく、本番までに上下合わせて3本しか列車が来ません。それも先の改正で115系からE129系に置き換わってしまいました。

到着からずっと安定した晴れ間が続く中、中里スキー場の斜面を登ったお仲間の佐倉さんより、鉄橋通過のメールを頂き、いよいよ列車が近づいてきました。
DSCF9495.jpg
死神と言われるかわいそうなEF64 1030号機の晴れ姿です。ヘッドマーク掲出がなかったのは残念でしたが、EF81 95を従えバッチリな光線と景色の中を通過して行きました。納得の1枚を撮影出来ました!

今度はEF81 95牽引の姿を撮影するべく、信越本線北長岡-押切駅間へ向かいました。長岡から先の区間は光線状態が悪いので、かぶり付いてカマメインで狙います。まずは長岡まで牽引してきたEF64 1030の回送が単機で通過。
DSCF9501.jpg

そしてすぐにEF81 95がE26系を牽引して通過しました。
P6040465.jpg
新しいヘッドマークが用意されるという噂があったのですが、従来のものでしたね。何度も撮影した姿ですが、今の時代に唯一残った寝台列車は格好いい!

これでカシオペアクルーズの撮影は終了。今度は東北本線を目指します。長岡から栃尾・入広瀬を通り、只見線に沿って新潟から福島の県境を越えます。峠を登り六十里越のトンネルを抜けると、眼下に絶景が広がっていました。
DSCF9529.jpg
奥只見に広がる田子倉湖、緑豊かな季節でも綺麗なのですから、紅葉の季節に来たらさぞかし息をのむ綺麗さなんでしょうね。

会津田島から白河方面へ向かい、やってきたのは東北本線白坂-豊原間です。
P6040484.jpg

この日郡山までの旧客団臨があり、その返却回送を撮影すべく、新潟から福島まで山越えをしてきました。なので到着は通過の30分前だったので、すでに多数の同業者がスタンバイしていました。何とか後方の藪の上で場所を確保。山越えをしている間にすっかり曇ってしまいましたが、ED75 758が牽引する旧客6連が通過しました。
P6040499.jpg

この回送は黒磯でカマの付け替えをし停車するので、高速で追っかけ。矢板インターで降りてすぐの矢板-片岡間で撮影しました。カメラをセットしている間に、リゾートやまどりが通過。
P6040508.jpg

そしてEF64 1052が牽引する旧客を撮影しました。
P6040535.jpg
今回は6連と編成が長く、なかなか絵になるシーンを撮影出来ました。

nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 12

コメント 2

あおたけ

岩原で撮られた重連のカシクル、
爽やかな新緑の山々と青空が広がる絶好のコンディションのもと、
バリ順で青いロクヨンと赤い虹釜が映える、
素晴らしいカットを残されましたね〜!(^^)
私は仕事で遠征ができなかったこの日、
本当に羨ましい成果です!
信越線内での虹釜単独牽引もいいですね〜。
そしてさらに東北本線川に転戦し、
ナナゴやロクヨンが牽く旧客も抑えられるとは、
さすがのスケジューリングですね(^^)

by あおたけ (2016-06-22 18:37) 

twingo583

>あおたけさん
ありがとうございます。今回のカシクル撮影では天気にも恵まれ
納得の一枚を撮影する事が出来ました。この場所は順光になる
貴重な場所なので、ほぼベストな場所を確保出来て良かったです。
そして今回は虹ガマに加えて東北本線まで追っかけてみました。
かなり充実した撮影行で、充実した一日になりました。
by twingo583 (2016-07-03 21:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0